AX
FC2ブログ
TOP > 浅ましく強欲
 ← 透き通った・・・ | TOP |

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


浅ましく強欲 

2005年06月11日 ()
しばらく前から、なんども目を通してていたこのエントリ。

sizukuさんのlove.logのちょっと前のエントリ「強欲」からのトラックバックさせていただきました。

私は彼自身に、もっともっと興奮して欲しいと思う。
どうしたら彼がもっと興奮してくれるだろうと、いつも考えてる気がする。

だけどそれは、
彼をもっと気持ちよくしてあげたいなんて、殊勝な気持ちからでもないような。

詰まるところ、彼がもっと興奮してくれたら、気持ちイイのは私なのだ。

・・どこまでも浅ましく強欲な変態女。




このエントリには、きらりと光るものを感じました。




きわめて冷静に命じているつもりでも、染み出るような興奮は、確実に従者に伝わり、従者を昂ぶらせ、ふとした瞬間に見せる興奮のまなざしが、従者にこの上もない充足感を与えることがあるのですね。

一般的に「受身」と理解されがちなM的な素養ですが。ただ単純に受身と同義だとは思えず、それを、どう表現したものかと思いあぐねていました。

受け入れたことが主者に伝わったのかを、積極的、能動的に感じ取ろうとする・・・その姿勢こそが、積極的に受け入れるということなのではないかと、そんなことを気づかせていただきました。

同時に、その従者の「強欲」が見て取れるからこそ、惜しげもなく自らをぶつけることができるだとも。






スポンサーサイト
[PR]

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2005.06.11(Sat) 12:07] 嗜好Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by kenG
sizukuさん、早々のコメントありがとうございます。

個対個で向き合った時に生ずる快楽、とりわけ、悦びを極めるその瞬間の表情や空気の変化。快楽にまつわるそういった変化の瞬間について興味がありまして。
sizukuさんのエントリは、そういう瞬間を、また違う角度で表現されているのではないかと・・・思った次第です。

>私は他の記事で「完全なる無表情」という「目」について書きましたが、
>そこから、まさに、染み出してくるような感情を感じることがあるんです。
> 決して意識的なものでなく、無意識下の感情というか。

>そこに私は、何より興奮する。


染み出てくる無意識の感情のようなものを感じとることができるのも、自らの快楽に強欲なればこそ。向かい合う相手の快楽に対して極めて敏感になっていく。その姿勢が、また相互の快楽を高める触媒になる。そういうことこそが、相互に向き合っているということなのだろうなと。

それにしても・・・どうもsizukuさんの言葉尻を捕まえて、大袈裟な考えをひけらかしているような気もしますが。これにこりずに今後ともどうぞよろしくです。

by sizuku
kenGサマ、TBありがとうございました。
 しかもこんな好意的な記事で・・とても恐縮です。(*..)

>きわめて冷静に命じているつもりでも、染み出るような興奮は、
>確実に従者に伝わり、従者を昂ぶらせ、
>ふとした瞬間に見せる興奮のまなざしが、
>従者にこの上もない充足感を与えることがあるのですね。

まずkenGサマの「染み出るような興奮」という表現に、感動してしまいました。
 まさに・・ズバリ言い当ててくださったというか。

私は他の記事で「完全なる無表情」という「目」について書きましたが、
そこから、まさに、染み出してくるような感情を感じることがあるんです。
 決して意識的なものでなく、無意識下の感情というか。

そこに私は、何より興奮する。

ご存知かどうか、私は普段「従者」という意識が殆どないんですが、
 ・・ううん、むしろ「従者」でなどありたくもないんですが(笑)
それでも、彼に対して「絶対に敵わない」「絶対に抗えない」という感覚に
陥ることがあります。
そのときこそ、私は自分の意に反して、ただ「従う者」に成り下がっているんだと思うんです。

>受け入れたことが主者に伝わったのかを、積極的、能動的に感じ取ろうとする・・・
>その姿勢こそが、積極的に受け入れるということなのではないかと、
>そんなことを気づかせていただきました。

だけど私の側には、決してそんな殊勝な意識があるわけでもなく・・
「姿勢」だなんて言われると、ちょっと申し訳ないような気持ち。

 自分はただただ強欲で、貪欲で、
 ほんとに、ただ快楽に浅ましいだけなんじゃないかなぁ・・。

コメントを閉じる▲

 ← 透き通った・・・ | TOP |

COMMENT

sizukuさん、早々のコメントありがとうございます。

個対個で向き合った時に生ずる快楽、とりわけ、悦びを極めるその瞬間の表情や空気の変化。快楽にまつわるそういった変化の瞬間について興味がありまして。
sizukuさんのエントリは、そういう瞬間を、また違う角度で表現されているのではないかと・・・思った次第です。

>私は他の記事で「完全なる無表情」という「目」について書きましたが、
>そこから、まさに、染み出してくるような感情を感じることがあるんです。
> 決して意識的なものでなく、無意識下の感情というか。

>そこに私は、何より興奮する。


染み出てくる無意識の感情のようなものを感じとることができるのも、自らの快楽に強欲なればこそ。向かい合う相手の快楽に対して極めて敏感になっていく。その姿勢が、また相互の快楽を高める触媒になる。そういうことこそが、相互に向き合っているということなのだろうなと。

それにしても・・・どうもsizukuさんの言葉尻を捕まえて、大袈裟な考えをひけらかしているような気もしますが。これにこりずに今後ともどうぞよろしくです。
[ 2005.06.12(Sun) 23:54] URL | kenG #/aF5ZJNE | EDIT |

kenGサマ、TBありがとうございました。
 しかもこんな好意的な記事で・・とても恐縮です。(*..)

>きわめて冷静に命じているつもりでも、染み出るような興奮は、
>確実に従者に伝わり、従者を昂ぶらせ、
>ふとした瞬間に見せる興奮のまなざしが、
>従者にこの上もない充足感を与えることがあるのですね。

まずkenGサマの「染み出るような興奮」という表現に、感動してしまいました。
 まさに・・ズバリ言い当ててくださったというか。

私は他の記事で「完全なる無表情」という「目」について書きましたが、
そこから、まさに、染み出してくるような感情を感じることがあるんです。
 決して意識的なものでなく、無意識下の感情というか。

そこに私は、何より興奮する。

ご存知かどうか、私は普段「従者」という意識が殆どないんですが、
 ・・ううん、むしろ「従者」でなどありたくもないんですが(笑)
それでも、彼に対して「絶対に敵わない」「絶対に抗えない」という感覚に
陥ることがあります。
そのときこそ、私は自分の意に反して、ただ「従う者」に成り下がっているんだと思うんです。

>受け入れたことが主者に伝わったのかを、積極的、能動的に感じ取ろうとする・・・
>その姿勢こそが、積極的に受け入れるということなのではないかと、
>そんなことを気づかせていただきました。

だけど私の側には、決してそんな殊勝な意識があるわけでもなく・・
「姿勢」だなんて言われると、ちょっと申し訳ないような気持ち。

 自分はただただ強欲で、貪欲で、
 ほんとに、ただ快楽に浅ましいだけなんじゃないかなぁ・・。
[ 2005.06.12(Sun) 02:16] URL | sizuku #KUTtYxzE | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://keng001.blog4.fc2.com/tb.php/85-0c9dc336
 ← 透き通った・・・ | TOP |

プロフィール

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

tumblr

DrecomRSS

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

RSSフィード