AX
FC2ブログ
TOP > 小さなスイッチ
 ← 伝えることと伝わること | TOP | 誰もが一度は思うこと

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


小さなスイッチ 

2005年04月03日 ()
目の前に立つ従者に、自ら服を取り去ることを命ずる。

長らく愛玩されることを欲していながら、不安にさいなまれながらもその時を迎え、、目の前に立っているということが、未だ現実だと思えないような、そんな状態。

命じられ、自らの手で、その身をさらすことに戸惑いを覚えながらも、一度手が動き出すと、もどかしいように上着、下着、次々と取り去っていく。

1枚1枚、着衣を脱ぎ捨てていく衣擦れの音だけが部屋の中にかすかに漂っている。



外すボタン、袖を抜く動作のひとつひとつが、スイッチとして作用しているようで。小さなスイッチであっても、ひとつひとつ積み重ねられることで、大きなうねりを呼び起こす。

少しづつあらわになっていく上気した肌は、たとえ吐息であっても、触れることに対して、敏感に反応する状態になっている。

ゆっくりと立ち上がって、背後に回りこみ、また正面に立つ。
歩いた時に起こるわずかな風にでさえ、身を捩らせる。

ふと手を伸ばし乳首を強くつまむ。

背中手をまわし、首筋にに息を吹きかける。

身を引いて、また押し付けるようになだれかかってくる。
既にスイッチが入った状態での直接的な刺激は、身体中に波紋を広げていくかのような反応が引き出されている様子が見てとれる。

そしてついに、うつむいた口元から、吐息に混じってぼそぼそと。

「・・・して・・・ください」

そう、その言葉が聞きたかったんだと実感する。

直接的な刺激ではなくても、自らの動作をもって自らスイッチを入れる行為をさせることができる。

最後の一押しは、そのか細い声。

それは、僕のスイッチが入る音でもあったのかもしれない。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2005.04.03(Sun) 02:04] スイッチTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by kenG
花*さん

コメントありがとうございます。

>必死で放った言葉に自分にスイッチがガチャンと入ることあります。
>その時のスイッチは開放された感覚というより、起爆剤のような感じです。

なるほと、起爆剤ですか。

ガチャンと入るまでに、どれだけエネルギーを溜めて起爆させるか・・
そのための下ごしらえをいかに丁寧にするかで、
起爆した後の反応がかわってくるのでしょうね。

ぼちぼち更新していきますので、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いします。

by 花*
私も久しぶりのエントリーを嬉しく思いました。

>少しづつあらわになっていく上気した肌は、たとえ吐息であっても、触れることに対して、敏感に反応する状態になっている。

スイッチが入ると妙に神経が研ぎ澄まされてしまい、小さな吐息一つ、目線ひとつでビクッと反応してしまいます。
そして、
>直接的な刺激ではなくても、自らの動作をもって自らスイッチを入れる行為をさせることができる。
例えば、主が命令してくれれば言うことが出来るのに、、恥ずかしくて言えなくて、でも言わなきゃいけない状態に持ち込まれて、、
必死で放った言葉に自分にスイッチがガチャンと入ることあります。
その時のスイッチは開放された感覚というより、起爆剤のような感じです。

コメントを閉じる▲

 ← 伝えることと伝わること | TOP | 誰もが一度は思うこと

COMMENT

花*さん

コメントありがとうございます。

>必死で放った言葉に自分にスイッチがガチャンと入ることあります。
>その時のスイッチは開放された感覚というより、起爆剤のような感じです。

なるほと、起爆剤ですか。

ガチャンと入るまでに、どれだけエネルギーを溜めて起爆させるか・・
そのための下ごしらえをいかに丁寧にするかで、
起爆した後の反応がかわってくるのでしょうね。

ぼちぼち更新していきますので、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いします。
[ 2005.04.06(Wed) 03:22] URL | kenG #/aF5ZJNE | EDIT |

私も久しぶりのエントリーを嬉しく思いました。

>少しづつあらわになっていく上気した肌は、たとえ吐息であっても、触れることに対して、敏感に反応する状態になっている。

スイッチが入ると妙に神経が研ぎ澄まされてしまい、小さな吐息一つ、目線ひとつでビクッと反応してしまいます。
そして、
>直接的な刺激ではなくても、自らの動作をもって自らスイッチを入れる行為をさせることができる。
例えば、主が命令してくれれば言うことが出来るのに、、恥ずかしくて言えなくて、でも言わなきゃいけない状態に持ち込まれて、、
必死で放った言葉に自分にスイッチがガチャンと入ることあります。
その時のスイッチは開放された感覚というより、起爆剤のような感じです。
[ 2005.04.05(Tue) 17:10] URL | 花* #oyUv4a/. | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://keng001.blog4.fc2.com/tb.php/68-3a54c540
 ← 伝えることと伝わること | TOP | 誰もが一度は思うこと

プロフィール

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

tumblr

DrecomRSS

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

RSSフィード