AX
FC2ブログ
TOP > 緊張と弛緩
 ← 響き | TOP | 光景

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


緊張と弛緩 

2007年08月05日 ()
chain
緊張と弛緩

その落差が生み出す快楽は底知れない



粟立つ肌

握り締めたこぶし

弓なりになった爪先

絞り込むような眉間の皺

喜びの色と苦悶の色を行き来する表情

うねる身体、あふれ出る体液

考えるよりも先にほとばしり出る言葉

まぶたを閉じても決して遮られることがない光



小さな反応のひとつひとつが波紋を広げ、
うねりを生み出し、じりじりと追い込んでいく

やがて、全身を抗いようもない緊張に包みこまれる

その先には
音もない、光もない、感覚すらない
ただ、完全な弛緩が待っているのである

いや、待っているのではなくて

そこにたどり着くためにこそ 緊張 という
プロセスがあるのかもしれない。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.05(Sun) 13:36] 妄想Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 響き | TOP | 光景

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://keng001.blog4.fc2.com/tb.php/233-41b5f28d
 ← 響き | TOP | 光景

プロフィール

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

tumblr

DrecomRSS

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

RSSフィード