AX
FC2ブログ
TOP > 見えないものを見る
 ← 音を聞くということ | TOP | 基本に立ち返る

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


見えないものを見る 

2005年09月27日 ()
見ないことで得られる快楽と、見る事で染み込む悦楽。

視線を遮り妄想の世界に追い込むことは、想像力をバネに
極めて深い快楽をもたらすためか、好まれる方も多いのでは
ないでしょうか。

人間は快感を味わう時、自然と目を閉じるようにできているようですが。
僭越ながら、ここは、あえて、「見る」ことでもたらされる反応を
味わいたいものだと思っているのです。
そう、露出や羞恥といわれる、不特定多数が関与しうるものでは
なく、相対する関係の中での「見る」に拘っているわけです。

見る事を命じたことからもたらされる反応であっても、
見つめられていることにふと気が付いた瞬間の表情の変化
でもいいのです。

見ようと思わなければ、見えないものは見えない

瞳の底まで見通すような視線を注ぎながら、じっと観察していると
見返される視線の質が変わるその瞬間があることが分かる・・・
そう、視線でスイッチを入れる、そんなことができたらいいなと。

前から何度か書いたことの繰り返しになっているような気がしますが。
なぜか「見る」事にこだわっているのですね。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2005.09.27(Tue) 00:16] 視線Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 音を聞くということ | TOP | 基本に立ち返る

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://keng001.blog4.fc2.com/tb.php/124-68abccf8
 ← 音を聞くということ | TOP | 基本に立ち返る

プロフィール

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

tumblr

DrecomRSS

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

RSSフィード