AX
FC2ブログ
TOP > MM
 ← 人それぞれ | TOP | ギド・クレパクスのO嬢

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


MM 

2005年09月13日 ()


SMに関する論議というのは、
とかく平行線をたどりがちです。


非常に個人的でぱっと見には掴み辛いものを、
万人に共通な概念でなんとか共有しようとする試みであったり、
目に見える形を追求すること共有される方々もいる。

所詮人それぞれといってしまえばそれまでですが、
結局のところ、どうコミュニケーションするか、ということに
つきるのだと思います。

サドを語る・バックナンバー5」でみつけた書き込みです。

[No:130][理佳子]
世間で言われているSMは、みんなMMではないでしょうか?
言ってみれば、(精神的な)MとMとの性行為ではないかと思います。
Mの人に満足感を与えようすれば、やはり、同じ様にMの人でなければ何をすればいいか(何を言えばいいか)わからないでしょう。
M的精神的満足感を達成する行為のパターンとして、世間でいわれてるようなスタイルや役割分担が生まれたのでしょう。
相手をノせるのに、何もないより、定番スタイルがあった方がラクだからです。
でも、実際にはスタイルや役割分担の方が一人歩きしているように思えます。

私も、サディストは全くの別モノだと思います。



これもまたひとつのものの見方。
どう感じて、どう咀嚼して、自らの糧とするのか。

みなさんはどう思われますか?







蛇足ですが・・・

ちょっと面白い本を書いている、クラフト・エビング商會は、稲垣足穂の本に出てきた「クラフト・エビング的な」という言葉からとったとのこと。

さらに

サディズムとマゾヒズムの命名をしたとされるのが、クラフト・エビングという精神医学者のだということ

今日知りました。びっくり。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2005.09.13(Tue) 23:15] 嗜好Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by kenG
>奈美さん
はじめまして

そうですか。Sな自分とMな自分は
何をきっかけに切り替わるのでしょうね?

今後ともよろしくです。


>Violet さん
いつもありがとうございます。
MMという発想、興味深いですよね。

クラフト・エビング商會は、語感だけで
選んだら、あとからそんな人だったのか
としって、びっくり。とありますね。

では

こんにちは by 奈美です。
kenGさん、こんにちは。
私はSMはSとMがいるいと思います。
お互い個人個人に向いていて、
Sな自分が好きとかMな自分が好きって
感じなんじゃないかなって思います。

自分はどっちかな?って考えたりします。
私の兄貴はSだと思います。

by Violet
再度コメント失礼します。

>世間で言われているSMは、みんなMMではないでしょうか?
>言ってみれば、(精神的な)MとMとの性行為ではないかと思います。

これはかなり面白いですね。
SとMは背中あわせというより、M同士という感覚だという思考。


>サディストは全くの別モノ

「悦楽系」「苦痛系」と良くSM界でいわれますが、たしかに「苦痛系」の真性サディストと称される方々(サカキ○ラ君。大○保清とか)は異彩を放ちすぎというか・・別物ですね。

結論として、私が考えるに「サディスト」「マゾヒスト」といっても棲み分けがされているような気がします。嗜好も細分化されているように。


by Violet
クラフト・エビングという性科学者がいましたが、そこから来てるのかな・・と思いました。

皮肉っぽい名づけ方なような気がします。

コメントを閉じる▲

 ← 人それぞれ | TOP | ギド・クレパクスのO嬢

COMMENT

>奈美さん
はじめまして

そうですか。Sな自分とMな自分は
何をきっかけに切り替わるのでしょうね?

今後ともよろしくです。


>Violet さん
いつもありがとうございます。
MMという発想、興味深いですよね。

クラフト・エビング商會は、語感だけで
選んだら、あとからそんな人だったのか
としって、びっくり。とありますね。

では
[ 2005.09.14(Wed) 23:27] URL | kenG #/aF5ZJNE | EDIT |

kenGさん、こんにちは。
私はSMはSとMがいるいと思います。
お互い個人個人に向いていて、
Sな自分が好きとかMな自分が好きって
感じなんじゃないかなって思います。

自分はどっちかな?って考えたりします。
私の兄貴はSだと思います。
[ 2005.09.14(Wed) 13:50] URL | 奈美です。 #JalddpaA | EDIT |

再度コメント失礼します。

>世間で言われているSMは、みんなMMではないでしょうか?
>言ってみれば、(精神的な)MとMとの性行為ではないかと思います。

これはかなり面白いですね。
SとMは背中あわせというより、M同士という感覚だという思考。


>サディストは全くの別モノ

「悦楽系」「苦痛系」と良くSM界でいわれますが、たしかに「苦痛系」の真性サディストと称される方々(サカキ○ラ君。大○保清とか)は異彩を放ちすぎというか・・別物ですね。

結論として、私が考えるに「サディスト」「マゾヒスト」といっても棲み分けがされているような気がします。嗜好も細分化されているように。

[ 2005.09.14(Wed) 13:35] URL | Violet #uTheJ/KY | EDIT |

クラフト・エビングという性科学者がいましたが、そこから来てるのかな・・と思いました。

皮肉っぽい名づけ方なような気がします。
[ 2005.09.14(Wed) 13:17] URL | Violet #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://keng001.blog4.fc2.com/tb.php/111-6a2221a3
 ← 人それぞれ | TOP | ギド・クレパクスのO嬢

プロフィール

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

tumblr

DrecomRSS

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

RSSフィード